2016.10.26

浅野、ボールロストで失点に絡む ボルシアMGに完封負けでカップ戦敗退

ボルシアMG戦に出場した浅野(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DFBポカール2回戦が25日に行われ、ボルシアMGと日本代表FW浅野拓磨及びMF細貝萌所属のシュトゥットガルトが対戦した。

 ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトが敵地へ乗り込み、同1部のボルシアMGに挑んだ一戦。浅野は先発出場を果たし、負傷中の細貝はベンチ外となった。

 試合開始から19分、シュトゥットガルトは敵陣深くでボールを奪うと、エリア左で浅野が右足を振りぬいた。しかしこれはDFがシュートブロックを見せ、得点には至らない。

 続く27分、右サイドからのクロスボールを浅野がエリア内で胸トラップ。DFをかわして右足のシュートに持ち込むが、これもDFにブロックされた。

 すると31分、浅野が左サイドのタッチライン際でボールを奪われる。ボルシアMGがカウンターに転じると、アンドレ・ハーンのヒールパスを受けたファビアン・ジョンソンがトラップでエリア内へ進入。GKミチェル・ランゲラクとの1対1を迎え、落ち着いてゴール右下へ流し込んだ。

 先制点を奪ったボルシアMGは40分、右サイドのFKをファーサイドでフリーとなったハーンが右足でシュート。しかしこれはシュトゥットガルト守備陣が体を張ってブロックし、失点を防いだ。

 1-0のまま後半に突入すると、ボルシアMGは49分と53分にハーンがGKランゲラクとの1対1を迎える。しかしいずれもGKランゲラクが好セーブを見せ、チームを救った。

 しかし流れをつかめないシュトゥットガルトは68分、浅野を下げてケヴィン・グロスクロイツを投入する。

 それでも84分、ボルシアMGはヤニク・ヴェステルゴーアのロングフィードを敵陣でつなぐと、最後はラース・シュティンドルが右足でミドルシュート。GKランゲラクは反応できず、試合を決定づける2点目となった。

 結局試合はこのままタイムアップを迎え、ボルシアMGがシュトゥットガルトに2-0で勝利した。浅野は2回戦で姿を消すこととなった。

【スコア】
ボルシアMG 2-0 シュトゥットガルト

【得点者】
1-0 31分 ファビアン・ジョンソン(ボルシアMG)
2-0 84分 ラース・シュティンドル(ボルシアMG)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る