FOLLOW US

ケルンに痛手、22歳MFが足首手術で離脱へ 昨季29戦、今季は5戦出場

負傷離脱が発表されたケルンのビッテンコート [写真]=Bongarts/Getty Images

 FW大迫勇也が所属するケルンは24日、ドイツ人MFレオナルド・ビッテンコートが25日に手術を受けると発表した。

 発表によると、ビッテンコートは24日のトレーニングで左足首を負傷。じん帯損傷との診断で、手術を受けることとなった。現時点での全治、復帰見込みは明らかにされていない。

 ビッテンコートは1993年生まれの22歳。ドリブルを武器とする攻撃的MFで、昨シーズンはブンデスリーガ全34試合中29試合出場3ゴールを記録している。今シーズンも第8節終了時点で5試合に出場して1ゴールを挙げていたが、離脱を強いられることとなった。

 ケルンはブンデスリーガ第8節終了時点で4勝3分け1敗の勝ち点「15」で5位。26日にDFBポカール2回戦でホッフェンハイムをホームに迎え、30日のブンデスリーガ第9節ではハンブルガーSVと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO