2016.10.13

好調ケルンに痛手 “大迫の相棒”モデストが負傷、ブンデス再開戦欠場か

モデスト
今季のリーグ戦6試合で5ゴールを挙げているモデスト [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FW大迫勇也が所属するケルンのフランス人FWアントニー・モデストが練習中に負傷し、15日に行われるブンデスリーガ第7節インゴルシュタット戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ紙『ビルト』が13日に報じている。

 報道によると、モデストは11日の練習中、接触プレーで負傷。2名のスタッフに抱えられる形でピッチを後にした。翌12日のトレーニングは別メニュー調整を行った模様で、ペーター・シュテーガー監督は「それほど悪いケガではないよ。骨に影響が及ぶケガではないからね。ただ、痛みは強いようだ」とコメント。指揮官は「土曜日(15日)まで時間がない」とも話しており、ブンデスリーガ再開戦となる15日のインゴルシュタット戦の出場を見送る可能性を示唆している。

 モデストは今シーズン、ブンデスリーガ第6節終了時点で全6試合に先発出場。得点ランキング首位タイの5ゴールを挙げ、大迫とのコンビでチームをけん引している。

 3勝3分けと無敗を維持しているケルンだが、エースのモデストが欠場することとなれば大きな痛手となる。大迫への期待がさらに高まることになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る