2016.10.08

香川所属のドルトに痛手 内転筋負傷のカストロがヘルタ戦とCLを欠場か

カストロ
レヴァークーゼン戦で内転筋を負傷したカストロ [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ人MFゴンサロ・カストロが、インターナショナルマッチウィーク明けの2試合を欠場する恐れがあるという。7日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 最近ではドイツ代表復帰の噂やヨアヒム・レーヴ代表監督からの評価のコメントなど、特に話題となっているカストロ。しかし、10月1日に行われたブンデスリーガ第6節のレヴァークーゼン戦で内転筋を負傷していた。

 同誌によると、カストロは14日に行われるリーグ第7節、日本代表FW原口元気所属のヘルタ・ベルリン戦は欠場が濃厚と見られており、さらに18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節のスポルティング戦出場もギリギリと見られているところだ。

 ドルトムントにとって、昨夏に加入し、今シーズンは主力としてチームをけん引する選手の1人となっている同選手の離脱は大きな痛手だ。ここまでカストロはリーグ戦6試合すべてに出場しており、2ゴール4アシストをマーク。CLでも1アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る