2016.09.19

ヘルタ・ベルリンが開幕3連勝、シャルケに完封白星 先発出場の原口は不発

原口
シャルケ戦でプレーするヘルタ・ベルリンの原口(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第3節が18日に行われ、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとDF内田篤人が所属するシャルケが対戦した。

 リーグ戦連勝スタートを切ったヘルタ・ベルリン。今節は、2戦2敗と最悪の船出となったシャルケをホームに迎え、3連勝を目論む。ヘルタ・ベルリンの原口はリーグ戦3試合連続となる先発出場。シャルケの内田はベンチ外となった。

 試合開始から両チームともにチャンスを作れない時間が続く。迎えた24分、ヘルタ・ベルリンはCKのセカンドボールを拾ったウラジミール・ダリダが右足でミドルシュート。しかしボールはポスト左へ外れた。

 対するシャルケは31分、エリック・マキシム・チュポ・モティングがエリア左を強引に突破。DFをかわしてシュートまで持ち込んだが、これは枠をとらえることができなかった。

 続く37分、シャルケはCKのチャンスにナウドが頭で合わせた。しかしこれもシュートは枠を外れる。結局このままスコアレスでハーフタイムを迎えた。

 後半に入って61分、左サイドのタッチライン際でボールを持った原口が中央へカットイン。エリア内へ進入し、そのまま右足を振りぬいた。だがボールはクロスバーの上へ外れる。

原口がシュートまで持ち込むも得点には至らない [写真]=Getty Images

原口がシュートまで持ち込むも得点には至らない [写真]=Getty Images

 しかし直後の64分、ヘルタ・ベルリンが先制点を挙げる。ペテル・ペカリークが右サイドの高い位置でボールを奪うと、エリア右のミッチェル・ヴァイザーへラストパス。ヴァイザーはダイレクトで右足を振りぬき、サイドネットへ突き刺した。

 さらに74分、ヘルタ・ベルリンはハーフライン付近でボールを奪うと、ヴァイザーが浮き球のパスを供給。これを走りこんだヴァレンティン・シュトッカーがトラップし、そのまま左足でシュートを打つ。ボールはGKラルフ・フェアマンの手を弾き、ゴールへ吸い込まれた。

シュトッカーの得点を祝うヘルタ・ベルリンの選手ら [写真]=Getty Images

シュトッカーの得点を祝うヘルタ・ベルリンの選手ら [写真]=Getty Images

 その後も試合全体を支配したヘルタ・ベルリン。シャルケの攻撃陣をシャットアウトし、2-0の完封勝利を収めた。ヘルタ・ベルリンはこれで開幕から3連勝。シャルケは対照的に開幕3連敗スタートとなった。なお、原口はフル出場を果たしている。

 次節、ヘルタ・ベルリンは敵地でバイエルンと、シャルケはホームでFW大迫勇也のケルンと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 2-0 シャルケ

【得点者】
1-0 64分 ミッチェル・ヴァイザー(ヘルタ・ベルリン)
2-0 74分 ヴァレンティン・シュトッカー(ヘルタ・ベルリン)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る