2016.09.05

ミュラー、2得点も「もっとゴールを奪えた」 指揮官は試合内容に大満足

ミュラー
得点を仲間とともに喜ぶミュラー(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループC第1節が4日に行われ、ドイツ代表はノルウェー代表と対戦し、3-0で勝利した。試合後、2ゴールを記録したFWトーマス・ミュラー(バイエルン)と、指揮官のヨアヒム・レーヴ監督がコメントを残している。ドイツサッカー連盟(DFB)が4日に公式HPを通じて伝えた。

 15分の先制ゴールと、60分の勝利を決定づける得点を挙げたミュラー。ユーロ2016では1得点も記録することができなかったが、この日はチームを勝利へ導く働きを見せた。それでも同選手は、「僕らは初戦で良いプレーはしたけれど、もっとゴールを奪えた。最初の得点は、少しラッキーだったしね」とゴールラッシュを見せられたとコメント。向上心を示した。

 一方で、レーヴ監督はミュラーの先制点について「早い時間帯でリードを奪うことができて良かった」と語り、チームにとって重要な1点であったと評価した。さらに、「ボールを回せたし、動きもシャープに保つことができた。我々はノルウェーにチャンスを1つか2つしか与えさせなかった」と守備陣を含めた試合内容全体についても満足した様子だった。

 ワールドカップ連覇へ向けて上々のスタートを切ったドイツ。次戦は10月8日にホームでチェコと激突する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る