2016.08.29

J・エルナンデスが痛々しい写真を投稿 右手の手術成功と感謝を報告

J・エルナンデス
右手の負傷により、ブンデスリーガ開幕戦を欠場したJ・エルナンデス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが27日、右手の手術痕を自身の公式インスタグラムに投稿した。

 レヴァークーゼンの公式HPは23日、J・エルナンデスは22日の夜に階段から落ちて右手を骨折したと発表。すでに手術に成功しており、復帰までは最低でも2周間は懸かる見込みだと伝えていた。

 J・エルナンデスは、自身の公式インスタグラムに手術後の痛々しい右手の写真と、動画付きでメッセージを投稿。「僕はサポートのメッセージをくれたり、元気をくれたみんなに感謝して、この動画を送りたい」と、感謝の気持ちを伝えた。

 さらに、「手術は完璧に完了したことには感謝している。2週間位でピッチに戻れるように今は一生懸命やるしかない」と、無事手術を終えたことを報告した。

Gracias!!! 🙏🏽 #blessed #feyconfianza ••••••• Thank you!!! 🙏🏽 #blessed #faithandtrust

A video posted by Javier "Chicharito" Hernandez (@ch14_instagram) on

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る