2016.08.09

独2部開幕戦で細貝と宮市の日本人対決…シュトゥットガルトがザンクトパウリ下す

細貝萌
ザンクトパウリ戦にフル出場したシュトゥットガルトMF細貝萌 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部の開幕戦が8日に行われ、MF細貝萌が所属するシュトゥットガルトとFW宮市亮が所属するザンクトパウリが対戦した。

 1年での1部復帰を目指すシュトゥットガルトが2010-11シーズン以来の1部昇格を目指すザンクトパウリをホームに迎えての一戦。細貝は先発起用され、宮市はベンチスタートとなった。

 先制したのはアウェーのザンクトパウリ。28分、右サイドからクロスが入ると、フリーでゴール前に走り込んだアジズ・ブハドゥズが左足で合わせてネットを揺らした。

 1点を追うシュトゥットガルトは67分、左サイドでボールを受けたアレクサンドル・マキシムがドリブルでエリア内に侵入し、DFをかわして右足でシュート。これがゴール右下に決まり、試合は振り出しに戻った。追いつかれたザンクトパウリは直後の68分、宮市をピッチへ送り出す。

 しかし次のゴールを奪ったのはシュトゥットガルトだった。終盤の87分、エリア手前左でパスを受けたシモン・テローデが左足ダイレクトで狙うと、シュートは枠の右へ逸れようかというコースへ飛んだが、エリア内右のクリスティアン・ゲントナーがこれに反応。右足でコースを変えてゴールへ流し込んだ。

 試合はこのまま2-1で終了。ホームのシュトゥットガルトが逆転勝利を収めた。なお、細貝はフル出場、宮市は68分からプレーした。

 次節、シュトゥットガルトは敵地でデュッセルドルフと、ザンクトパウリはホームでブラウンシュヴァイクと対戦する。

【スコア】
シュトゥットガルト 2-1 ザンクトパウリ

【得点者】
0-1 28分 アジズ・ブハドゥズ(ザンクトパウリ)
1-1 67分 アレクサンドル・マキシム(シュトゥットガルト
2-1 87分 クリスティアン・ゲントナー(シュトゥットガルト

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る