2016.07.20

カイザースラウテルンがクローゼ獲得へ…クラブCEO「挑戦するかも」

クローゼ
昨季限りでラツィオを退団し、現在は無所属となっている元ドイツ代表FWクローゼ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部のカイザースラウテルンが、昨シーズン限りでラツィオを退団し、現在無所属となっている元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼの獲得を目指している。18日、ドイツ誌『スポーツビルト』が報じた。

 同誌によると、クローゼが2000年から2004年まで所属していたカイザースラウテルンのトーマス・グリースCEO(最高経営責任者)は、ドイツの放送局『南西ドイツ放送』のインタビューで、「クローゼの獲得はあるのか?」と聞かれたところ、「もし本当にそれが叶ったら、カイザースラウテルンにとっては宝くじを当てたようなものだ。しかし我々はそこに挑戦するかもしれない」と話し、ドイツ代表で歴代最多得点記録を持つ伝説的プレーヤーを引き戻す考えがあることを明らかにした。

 しかしグリースCEOは、自らの案が希望的観測であることも忘れてはおらず、「ただし、ミロ(クローゼ)が2部リーグでのプレーを望んでいるかどうかは疑わしい」と、冷静にコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る