2016.06.19

酒井宏樹がマルセイユ移籍か…来週中にメディカル実施と仏メディア報道

酒井宏樹
マルセイユへの移籍が浮上したハノーファーDF酒井宏樹 [写真]=Bongarts/Getty Images)
サッカー総合情報サイト

 ハノーファーに所属する日本代表DF酒井宏樹がマルセイユへの移籍に迫っていると、フランスメディア『RMCスポーツ』が18日に報じた。

 現在26歳の酒井宏は、2012年に加入したハノーファーとの契約が今シーズン限りで満了を迎える。クラブのブンデスリーガ2部降格が決まり、移籍の噂も浮上しており、本人も以前、「たぶんハノーファーにはいないと思う。自分にとって、『ここでやりたい』というクラブと契約したい」とコメントしていた。

 同メディアによると、酒井宏はすでにマルセイユと交渉を進めており、木曜日(23日)に現地を訪れてメディカルチェックを行う見込みだという。また、同選手には同じリーグ・アンのモンペリエ、ドイツやイングランド2部の複数クラブからもオファーがあったと報じられている。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る