2016.06.18

ボルシアMG、パリSGから18歳DFを獲得…世代別代表の主将

ドゥクール
ボルシアMGへの加入が決定したママドゥ・ドゥクール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ボルシアMGは17日、パリ・サンジェルマンに所属するU-18フランス代表DFママドゥ・ドゥクールを獲得したことをクラブ公式HP上で発表した。

 同サイトによると、ボルシアMGはドゥクールと5年契約を締結。すでにメディカルチェックを済ませたという。

 現在18歳のドゥクールはセンターバックを主戦場とするプレイヤー。昨年開催されたU-17欧州選手権に出場し、同国の優勝に大きく貢献した。現在、U-18フランス代表ではキャプテンを務めている。

 ドゥクールの加入に際しボルシアMGのマックス・エベールSD(スポーツ・ディレクター)は、「彼がボルシアに加わる決意を固めてくれて嬉しい。素晴らしい才能を持った選手で、多くのクラブが彼とサインしようとしていたのさ」とコメント。争奪戦を制したことを明かした。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る