2016.05.24

ゲッツェがバイエルン残留を宣言「新監督の初日から全力で頑張る」

ゲッツェ
退団が噂されるゲッツェがバイエルンでの新シーズンに向けた意気込みを述べた [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 バイエルンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが同クラブへの残留を宣言した。23日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 バイエルンで定位置確保に苦しむゲッツェについては、今シーズン終了後の移籍が取り沙汰されており、恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールからの関心や、古巣ドルトムントへの復帰などが噂されていた。

 しかしドイツ紙『ビルト』は「マリオ・ゲッツェが残留を決意した」と報道。「来シーズンのバイエルンを楽しみにしている。(カルロ・)アンチェロッティ新監督の初日の練習から、トップコンディションで臨むように全力で頑張るよ」と来シーズンへの意気込みを語るゲッツェのコメントを掲載した。

 なお、ゲッツェは現在、肋骨の骨折を抱えているものの、ドイツ代表の合宿に参加中。ヨアヒム・レーヴ監督は同選手の復調に自信をのぞかせているという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る