2016.05.21

長谷部、プレーオフ第1戦は不完全燃焼…地元紙の評価も伸びず

長谷部誠
古巣ニュルンベルクとのPO第1戦でフル出場を果たした長谷部 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ昇降格プレーオフのファーストレグが19日に行われ、日本代表MF長谷部誠が所属する1部16位フランクフルトと2部3位のニュルンベルクが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 ホームのフランクフルトは46分にオウンゴールで先制を許したが、65分にU-20セルビア代表MFミヤト・ガチノヴィッチのゴールで追いつき、引き分けに持ち込んだ。

 古巣との対戦となった長谷部は中盤でフル出場。地元紙『Frankfurter Rundschau』は試合後の採点で、長谷部に対して他7選手とともにチーム2番目タイとなる「Ganz Okay(=十分合格/3点に相当)」の点数をつけた(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)。

 寸評では、「多くのことに挑んでボールを奪い、前線に運ぶこともあったが、パスの出しどころに迷ったことで、単なる横パスになってしまうことが多々あった」と、長谷部の動きがやや空回りだったと分析。さらに「後半に入ると、しっかりとした試合の舵取り役でもなくなってしまった」と、後半に入るとパフォーマンスが落ちた点も指摘した。

 リーグ戦終盤に完全復調し、チーム最高の評価が続いていた長谷部だったが、プレーオフ初戦は不完全燃焼となって評価もいま一つ伸びなかった。なお、チーム最高評価はアルゼンチン人DFダヴィド・アブラームで、「2」に相当する「Gut dabei(=良い働き)」がついた。

 セカンドレグは23日にニュルンベルクのホームで行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る