2016.05.16

復帰弾で涙の宮市…独紙は“偉大なるRYO”を絶賛「とにかく素晴らしかった!」

宮市亮
宮市は今季最終戦で2ゴール1アシストを記録した(写真は5月8日のニュルンベルグ戦) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ザンクトパウリFW宮市亮が、15日に行われたブンデスリーガ2部最終節のカイザースラウテルン戦で、大ケガから復帰後初の先発出場を果たし、2ゴール1アシストの大暴れ。5-2の大勝にインパクト大の活躍で貢献した。

 1点を追う5分、左足からのボレーシュートで移籍後初のゴールを挙げて同点とすると、22分にはドイツ人FWレンナルト・ティーの逆転弾をアシスト。後半に入ってもその勢いは止まらず、57分にはチーム3点目を決めた。

 70分に大歓声の中ベンチへと退いた宮市を、ハンブルクの地元紙『Hamburger Morgenpost』は、「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出。採点も最高点となる「1」をつけた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 同紙はリオ・グランデ(=Rio Grande/スペイン語で「大きな川」)とかけて、宮市を「Ryo Grande」=「偉大なる亮」と絶賛。寸評では「この若者が果たしてチームの助けになるかと疑問を感じていた人もいたが…とにかく素晴らしかった!」と手放しで称賛した。

 23歳の宮市は昨年7月にアーセナルから加入したが、プレシーズン・マッチで前十字じん帯を断裂し、長期離脱。4月1日に行われたリーグ第28節のウニオン・ベルリン戦で途中出場し、移籍後初出場を果たしたばかりだった。

 同紙は、初ゴールを決めた後に宮市が涙をこらえきれなかったことを伝え、「とても感情的な瞬間だった」とのコメントを紹介した。

「初先発で、こんなに上手くいくなんて思っていなっかった。大きな自信になる」と語った宮市。チームは4位でシーズンを終え1部昇格を逃したが、来シーズンに向けて熱狂的で有名なパウリ・サポーターからの期待が高まるのは間違いなさそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る