2016.05.11

契約延長の可能性もあった?…ドルトCEO、フンメルス移籍は「家族の影響」

フンメルス
10日にバイエルン移籍が決まったドルトムント主将のフンメルス [写真]=VI Images via Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ドルトムントに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスのバイエルン移籍が10日に発表された。ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)が同選手の移籍決断の理由を明かしている。ドイツ誌『kicker』日本語版が報じた。

 ヴァツケCEOとミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)、そしてバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、4月29日にデュッセルドルフにて会談。そして10日に、電話にて基本合意に達したという。

『kicker』誌によると、移籍金は約3500万ユーロ(約43億4000万円)で、ドルトムント側からの要求にバイエルンが応じたもの。もしも応じていなければ、フンメルスはドルトムントとの契約を延長していたようだ。

 フンメルスとのこれまでの話し合いについて、ヴァツケCEOは「非常に多く、そして非常にオープンに行われてきた」と明かし、移籍の決断ついては「強く家族的な理由」があったとも述べている。一方、バイエルンのルメニゲCEOは「世界最高のセンターバックの一人。我々のクオリティをさらに上げてくれる」と獲得に喜びを見せた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る