2016.05.06

大迫、ケルン退団を希望か?…独紙は起用法&ホームシックが原因と報道

大迫勇也
ケルンで2シーズン目を過ごすFW大迫勇也 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ケルンに所属するFW大迫勇也が、この夏の移籍を望んでいるようだ。6日付のドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 大迫はケルンでの2シーズン目を迎えたが、今シーズンのブンデスリーガで先発に名を連ねたのは14試合で、ゴール数はわずかに1。同紙によると、特にトップ下での起用が多かったことに不満があり、退団を希望しているようだ。

 また同紙は、プライベートにも問題があると報道。昨年12月に同僚のMF長澤和輝がジェフユナイテッド千葉に移籍し、チームで唯一の日本人選手が退団したことで、大迫はホームシックを訴えるようになったと伝えている。

 一方で、ケルンのヨルク・シュマットケGM(ゼネラルマネジャー)は「もちろん文化が違うから、楽なことばかりではない。だが、ユウヤが我々のところにきて、故郷に帰りたいと話したことはない」と、本人からは退団を希望されていないと否定している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る