2016.05.01

清武&酒井フル出場のハノーファー、敗戦で最下位確定…シャルケはCL権に望み

清武弘嗣
シャルケ戦に出場した清武弘嗣 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第32節が4月30日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、同DF酒井宏樹、同MF山口蛍が所属するハノーファーと、DF内田篤人が所属するシャルケが対戦した。

 すでに降格が決まっているハノーファーと、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を争う7位シャルケの一戦。すでに今節の試合を終えた4位ボルシアMG、5位ハンブルガーSV、6位マインツが引き分けに終わったため、シャルケにとっては、勝ち点差を縮める絶好のチャンスとなる。清武と酒井は先発に名を連ね、負傷離脱中の山口と内田はベンチ入りメンバーから外れている。

 先制したのはシャルケ。11分、右サイドからエリア内左のエリック・マキシム・チュポ・モティングにスルーパスが通ると、左足で冷静にゴール右隅へシュートを沈めた。

 失点を喫したハノーファーもすぐに反撃に出る。21分、左サイドを抜け出したノア・ジョエル・サレンレン・バゼーが左足でクロスを入れると、ゴール前でフリーとなっていたアルトゥル・ソビエフが右足ダイレクトで蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま迎えた前半終了間際の45分、敵陣に押し込むシャルケはエリア内右でパスを受けたレロイ・ザネがDFをかわして右足でラストパス。これをクラース・ヤン・フンテラールが押し込み、シャルケが勝ち越しに成功する。

 後半はスコアが動かないまま終盤に差し掛かったが、80分にシャルケが試合を決定づけるゴールを奪う。前線でドリブルを仕掛けたジョエル・マティプが3人のDFを抜き去りエリア内に侵入。飛び出したGKの手前で左方向にパスを送ると、アレッサンドロ・シェプフが難なく押し込み3点目が決まった。

 このままタイムアップを迎え、シャルケが3-1で快勝。この結果、ハノーファーは2試合を残して最下位が確定し、勝ったシャルケはCL出場権獲得となる4位ボルシアMG、5位ヘルタ・ベルリンと勝ち点差1の6位に浮上した。なお、清武と酒井はフル出場した。

 次節、ハノーファーは7日にホッフェンハイムと、シャルケはアウクスブルクとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ハノーファー 1-3 シャルケ

【得点者】
1-0 11分 エリック・マキシム・チュポ・モティング(シャルケ)
1-1 21分 アルトゥル・ソビエフ(ハノーファー)
1-2 45分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
1-3 80分 アレッサンドロ・シェプフ(シャルケ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る