2016.04.29

ドルトムントがフンメルスのバイエルン移籍希望を公表…主将の退団迫る

フンメルス
バイエルンへの移籍を希望したDFフンメルス [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは28日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスがバイエルンへの移籍を希望していると、クラブ公式サイトで発表した。

 ドルトムントは、「フンメルスがバイエルンへの移籍希望をクラブに申し出た」と公表。そして、現時点でバイエルンからのオファーが届いていないことを明かした上で、「素晴らしい選手に対して適した金額が支払われるのであれば、取引は実現する」と、移籍を容認する構えを見せている。

 現在27歳のフンメルスはバイエルンの下部組織出身で、2008年1月にドルトムントへ加入。昨シーズンからはキャプテンを務めている。

 なお、ドルトムントは2013年にドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ、2014年にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバイエルンへ移籍しており、フンメルスが古巣へ復帰することとなれば、近年で3人目の主力流出となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る