2016.04.05

ドルトムント幹部、フンメルスら4選手との延長交渉は「今季中に結論」

ドルトムントの(左から)ムヒタリアン、フンメルス、ギュンドアン、シュメルツァー [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 現在、昨シーズンまで指揮したユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)の帰還とともに、ドルトムントで話題となっているのが主力選手4人の延長問題だ。ドイツ誌『kicker』日本語版が5日に報じた。

主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルス、同代表MFイルカイ・ギュンドアン、同代表DFマルセル・シュメルツァー、そしてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの契約は2017年までとなっており、ドルトムントは延長を目指しているものの、いまだ締結へ至っていない状況だ。

 特にフンメルス、ギュンドアン、ムヒタリアンには移籍の噂が常に挙がっているところだが、『kicker』誌に対してミヒャエル・ツォルクSDは「すべての関係者といい話し合いができているよ」とコメント。「そのうち結論がでるさ。夏まで引っ張ることはないと思うよ。今シーズン中にははっきりするだろう」との見方を示している。

 フンメルス、ムヒタリアン、シュメルツァーに関しては、延長への可能性は高いと見られている。しかし、マンチェスター・Cとの繋がりが指摘されたギュンドアンについては疑問符がつき、昨年も延長になかなか至らずに長引いた結果、1年のみの延長で契約を締結していた。

 ドルトムントは、7日に行われるヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでリヴァプールをホームに迎える。

「ドルトムント ネクストステージへ」ワールドサッカーキング2016年4月号(No.309/3月12日発売)

[主なコンテンツ]

 今号のワールドサッカーキングでは、トーマス・トゥヘルを指揮官に招いて新たなスタートを切ったドルトムントを大特集。クラブ全面協力のもと、今年も冬季キャンプで潜入取材を敢行。現地で直撃した香川真司をはじめ、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOやトゥヘル監督、急成長株のマティアス・ギンターとユリアン・ヴァイグルの独占インタビューをお届けします。その他、新生ドルトムントの変化・進化を知ることができるコンテンツも満載。BVBの今がすべて詰まった一冊に仕上がっています。もちろん、オリジナルの『WCCFカード』付録も要チェック! 今すぐ『ワールドサッカーキング4月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る