2016.04.05

5失点大敗のヘルタ…独メディア、原口を酷評「相手に脅威を与えられず」

原口元気、長谷部誠
ブンデス第28節で先発出場した原口(左)と長谷部(右) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 3日に行われたブンデスリーガ第28節で、日本代表FW原口元気が所属する4位ヘルタ・ベルリンは、勝ち点差「6」で5位のボルシアMGと対戦。チャンピオンズリーグ出場を争う両雄の一戦は、ボルシアMGが5-0で大勝を収めた。

 原口は、前節のインゴルシュタット戦で1ゴール1アシストを記録し、ヘルタ・ベルリンの2連勝に貢献。そして今節では右ウイングで3試合連続の先発出場を果たし、4点を追う81分までプレーした。

 だが、0-5という惨敗を受け、ドイツメディア『Sportal.de』の採点では「5」がついた(ドイツメディアの採点は最高1点、最低6点)。寸評でも「相手ゴール前で全く脅威を与えられなかった」と、厳しい批判を受けている。

 また、日本代表MF長谷部誠の所属する17位フランクフルトは、2日に首位バイエルンと対戦して0-1と惜敗。降格圏脱出はならず、厳しい残留争いが続く。

 約2週間前に行われた前節は途中出場だった長谷部は、2試合ぶりに先発メンバーに復帰。フル出場を果たしたが、久々に高評価を受けた前節の動きを維持できず、「またしても一歩後退」と、一進一退が続く今シーズンのパフォーマンスを指摘されている。

 両選手の採点と寸評は以下の通り。

■原口元気
対ボルシアMG(0-5●)先発出場、81分交代

『Sportal.de』
採点:5
寸評:シュート数ゼロ、シュートアシスト1回というのは、攻撃の選手としては少なすぎる。相手ゴールの前で全く脅威を与えられなかった。守備の方もダメだった。

■長谷部誠
対バイエルン(0-1●)フル出場

『Frankfurter Rundschau』
採点:Schwachelnd(=低調/5点相当)
寸評:またしても一歩後退。パスミスが目立ち、ボールも簡単に失った。走行距離はトップ(約12キロメートル)も、リズムを全くつかめなかった。終了直前には、攻撃の好機を逃してしまった。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る