2016.04.04

ゲッツェ復帰の噂にドルト・サポーターが批判的バナー「どっか行け」

ゲッツェ
古巣・ドルトムントへの復帰が噂されるゲッツェ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのサポーターが、バイエルンでプレーするドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに対して、批判的なバナーを掲げた。ドイツメディア『DW』が報じている。

 現在23歳のゲッツェは2001年にドルトムントのユースへ入団。2010-11シーズンにトップチームに昇格すると、主力としてブンデスリーガの2連覇に貢献した。その後は12-13シーズンまでドルトムントでプレーし、ライバルクラブのバイエルンに移籍していた。しかし今シーズンは出場機会が減少し、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグなど13試合のみの出場にとどまっている。そのため今夏の移籍が噂されており、獲得候補として古巣のドルトムントの名前も挙がっていた。

 だが、ドルトムントの一部のサポーターは、同選手のことをよく思っておらず、同メディアによれば、2日に行われたブンデスリーガ第28節のブレーメン戦で、ゲッツェを批判するバナーを掲げたという。

 バナーには「ミランかマドリードか、ドルトムント以外のどこでも!どっか行けゲッツェ!」と書かれていた。これは、2000年まで同クラブでプレーした元ドイツ代表MFアンドレアス・メラー氏の発言に少し変更を加えたものだという。メラー氏が自身の移籍先について尋ねられ「ミランかマドリードか」とコメントした事に由来しているようだ。なお同氏も一度は退団し、ユヴェントスでプレーした後、ドルトムントに復帰している。

 ゲッツェの獲得には、ドルトムントで同選手を指導したユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールも興味を示している。

「ドルトムント ネクストステージへ」ワールドサッカーキング2016年4月号(No.309/3月12日発売)

[主なコンテンツ]

 今号のワールドサッカーキングでは、トーマス・トゥヘルを指揮官に招いて新たなスタートを切ったドルトムントを大特集。クラブ全面協力のもと、今年も冬季キャンプで潜入取材を敢行。現地で直撃した香川真司をはじめ、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOやトゥヘル監督、急成長株のマティアス・ギンターとユリアン・ヴァイグルの独占インタビューをお届けします。その他、新生ドルトムントの変化・進化を知ることができるコンテンツも満載。BVBの今がすべて詰まった一冊に仕上がっています。もちろん、オリジナルの『WCCFカード』付録も要チェック! 今すぐ『ワールドサッカーキング4月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る