2016.01.08

サッキ氏がアンチェロッティ監督を称賛「11人のGKでも勝てる」

アンチェロッティ
来季からバイエルンを指揮するアンチェロッティ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンは昨年12月、今シーズン終了後にジョゼップ・グアルディオラ監督が退任することを発表した。それにともない2016年7月1日からは、カルロ・アンチェロッティ氏が同クラブの新監督になることも決まっている。

 ドイツ紙『ビルト』が伝えた内容によると、イタリアサッカー界のレジェンドであるアリゴ・サッキ氏は、「彼は困難というものとは無縁だ。仮に11人のゴールキーパーを彼に与えたとしよう。それでも彼は試合に勝ってしまうんだ」と、アンチェロッティ氏が緻密な戦術家であり、同氏の就任がバイエルンに多大な好影響を与えると見ている。

 また、その人柄について「彼は心理学者としての才能がある男で、その他大勢の監督とは一線を画す人物だ。アンチェロッティは選手に命令をすることはなく、選手をうまく納得させることができる」と説明。さらに「繊細さと巨大な知識を持ち、それでいてファンタジーに溢れている。皮肉屋な部分もあるけどね」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る