2015.12.13

好機逃したマインツFW武藤…地元紙はフィジカル面の弱さを指摘

武藤嘉紀
シュトゥットガルト戦で81分までプレーした武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11日に行われたブンデスリーガ第16節で、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツはシュトゥットガルトと対戦し、スコアレスドローに終わった。

 武藤は1トップで15試合連続の先発出場を果たし、81分までプレー。しかし得点チャンスを逃し、チームの連勝も2でストップした。

 地元紙『Allgemeine Zeitung』は試合後の採点で武藤に「4」をつけた。(最高1点、最低6点)

 寸評では「たとえば、パブロ・デ・ブラシスのチャンスなど、3度か4度、チームメートへのいいパスがあった」とプラス面を先に挙げたが、「58分に決定機を外した。次第に姿を消していった」と、FWユヌス・マッリからのパスをGKプジェミスワス・ティトンに阻まれた場面や、試合に絡めなかった点を指摘されている。

 スポーツサイト『Sportal.de』は武藤に対し、MFハイロ・サンペリオとともにチーム最低となる「4.5」の採点をつけた。

「長い時間、相手ペナルティーエリア内で武藤の姿を見かけることはなかった。しかし57分、マッリからのパスを受けると、相手DFを前にヒールで合わせて左足からシュートを放った」と、『Allgemeine Zeitung』同様、長い時間帯で消えていたことを指摘。だが「GKティトンが狙いの定まらないボールをパンチングでセーブしたのは、武藤にとって不運だった」と、逸機は運にも見放されていたとの見方をした。

 また、2戦連続ゴールなしに終わったが、「ほぼ常に動きは合っているにもかかわらず、シュトゥットガルトDFにフィジカルで屈した」と評し、問題は動きやチームメートとの連係にあるのではなく、屈強なDF相手に立ち向かうためのフィジカル面にあるとした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る