2015.12.06

バイエルンが今季ブンデス初黒星…9カ月ぶり復帰のリベリーが意地の1発

ボルシアMG
バイエルンに勝利したボルシアMG [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第15節が5日に行われ、ボルシアMGとバイエルンが対戦した。

 現在首位のバイエルンは、開幕10連勝を達成した後に第11節のフランクフルト戦で引き分け。その後は3連勝で14試合連続無敗をキープし、圧倒的な力を見せつけている。一方、ボルシアMGは開幕5連敗を喫したため、リュシアン・ファーヴル監督が辞任。だが、U-23チームのアンドレ・シューベルト監督が昇格すると、6連勝で復活を果たし、これまで9試合連続無敗で4位に浮上している。

 試合は0-0で前半終了。試合が動いたのは後半54分だった。ボルシアMGは、左サイドのオスカル・ヴェントが起点となり、パス交換で敵陣ペナルティエリア内に侵入。最後はヴェントがエリア内左で、右足を振り抜きシュートをゴール右隅に沈めた。

 先制に成功したボルシアMGは勢いに乗り、立て続けに追加点を奪う。66分、ホーヴァル・ノルトヴェイトのクロスを、ニコ・エルヴェディが頭で繋ぐ。反応したラース・シュティンドルがダイレクトボレーを放つと、飛び出したGKマヌエル・ノイアーの頭上を越えてゴールネットを揺らした。さらに2分後の68分、ユリアン・コルプの浮き球スルーパスに反応したファビアン・ジョンソンが、DFの裏を抜け出してエリア内右に侵入。落ち着いて右足シュートをゴール左隅に決めて、リードを3点に広げた。

 3失点を喫したバイエルンは、75分にロベルト・レヴァンドフスキを下げてフランク・リベリーを投入。3月から長期離脱を強いられていたリベリーは約9カ月ぶりの復帰で今シーズン初出場を果たした。すると81分、リベリーが左サイドから中央へ切り込み、エリア内へパス。トーマス・ミュラー、アルトゥーロ・ビダルと繋ぎ、最後はゴール前に抜け出したリベリーが、右足でゴール右隅に蹴り込み、1点を返した。

 しかし、バイエルンの反撃もここまで。ボルシアMGが3-1で勝利を収め、連続無敗数を10に伸ばした。一方、敗れたバイエルンは今シーズンのリーグ戦初黒星となった。

 ボルシアMGは、8日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節でマンチェスター・Cと、12日にリーグ戦第16節でレヴァークーゼンと対戦。バイエルンは、9日にCLグループステージ最終節でディナモ・ザグレブと、12日にリーグ戦第16節でインゴルシュタットと対戦する。

【スコア】
ボルシアMG 3-1 バイエルン

【得点者】
1-0 54分 オスカル・ヴェント(ボルシアMG)
2-0 66分 ラース・シュティンドル(ボルシアMG)
3-0 68分 ファビアン・ジョンソン(ボルシアMG)
3-1 81分 フランク・リベリー(バイエルン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る