2015.11.30

シュトゥットガルトが宇佐美獲得に本腰…CS終了後に交渉開始か

宇佐美貴史
G大阪でプレーする宇佐美。シュトゥットガルトからの関心が伝えられている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 シュトゥットガルトがガンバ大阪に所属する日本代表FW宇佐美貴史の獲得に向け、今冬の移籍市場で本腰を入れるようだ。29日、ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 現在ブンデスリーガで17位に沈み、24日にはアレクサンダー・ツォルニガー監督やコーチ陣3名を解任するなど、チームの立て直しが必要なシュトゥットガルト。残留を争うためには冬の補強が必須で、そのリストの上位に宇佐美の名前が挙がっているという。

 G大阪は12月2日と5日に明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ(CS)の決勝戦を控えており、同誌によれば、CS終了後に獲得実現に向けた交渉を開始すると見られている。

 2011年にG大阪からバイエルンへ移籍した宇佐美は、翌年にホッフェンハイムへとレンタル移籍。しかし満足な結果を残すことはできず、G大阪へと復帰した。ただ、同選手はブンデスリーガへの再挑戦を希望しているようで、そのことからシュトゥットガルトは獲得に自信をもっているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る