2015.11.30

独メディア、武藤の今季7点目を称賛も…決定機逸には厳しい評価

武藤嘉紀
フランクフルト戦に出場したFW武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 28日に行われたブンデスリーガ第14節でマインツ所属の日本代表FW武藤嘉紀が、同MF長谷部誠所属のフランクフルト戦で3試合ぶりとなる今シーズン7ゴール目を挙げた。

 13試合連続でスタメン入りを果たした武藤は、5分にFWパブロ・デ・ブラシスからのクロスを左足で押し込み、開始早々に先制点をもたらした。

 武藤は81分までプレー。チームは2-1で逃げ切って“ライン・マイン・ダービー”を制し、2試合ぶりの勝利を挙げた。

 スポーツサイト『Sportal.de』は武藤に対し、FWユヌス・マッリに次ぐチーム2番目タイとなる「2.5」の高い点数をつけた。(最高1点、最低6点)

 寸評では「(カルロス・)サンブラーノとの競り合いを力強く制したことで、マインツに先制点をもたらした」と、シュート成功につながった、敵との攻防を称賛。

 その一方で、「しかし、その今シーズン7点目には、続くものがなければならなかった。まずは2度の好機を逃すと、さらには後半開始直後にマッリのパスからの100パーセントのチャンスをフイにしてしまった」と、ゴール前フリーの状態でシュートを放った50分の決定機を逃したことはマイナス評価となった。

 地元紙『Allgemeine Zeitung』は「3」の平均的な点数となり、「先制点はキレがあったが、チーム3点目につながるビッグチャンスを生かせなかった」と、『Sportal.de』同様、先制点とその後の逸機が対照的だったことを指摘している。

 マインツは次節、12月5日にDF酒井高徳所属のハンブルガーSVとアウェーで対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング