2015.11.17

パリでの同時多発テロを語るドイツ代表DF「最も恐ろしい体験」

ジェローム・ボアテング
13日、フランス代表との試合に出場したボアテング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが13日に起きたフランス・パリでの同時多発テロについてコメントしている。

 ドイツ代表は、13日にパリでフランス代表との親善試合に臨んだ。同試合でスタメン出場したボアテングは、15日付のドイツ紙『キッカー』のインタビューに応え、「僕の人生で最も恐ろしい体験だった。すぐ近くにいたわけだからね」と、その恐怖を語っている。

 ケガの影響から前半で交代した同選手は携帯電話を見て、この惨劇を実際に知ったという。しかし、試合中から悪い予感はあったようだ。「最初は客席から爆発音が聞こえたんだ。ただ煙はあがっていなかった。でも、ホテルに爆破予告もあったから嫌な予感はしたね」と、不穏な雰囲気を感じ取っていたことを明かした。

 今回の出来事によりフランスでの開催が危ぶまれている来年のユーロ2016については、「結局のところ、どこで開催されるかということは問題ではない。このようなテロ行為はどこでも起こりうることだからね」と、脅威はフランスだけに限ったものではないと言及。なお、UEFA(欧州サッカー連盟)は16日に声明を発表し、来年行われるユーロ2016を予定通りフランスで開催することを公式発表した。

 また、ボアテングは膝のケガにより、17日に行われるオランダ戦には出場しない見込みである。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る