2015.11.04

ヴォルフスブルク、バーゼルから柿谷も絶賛の18歳FWエンボロを獲得へ

エンボロ
バーゼルに所属するスイス代表FWエンボロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 親会社フォルクスワーゲンの排ガス不正問題に揺れるヴォルフスブルクだが、潤沢な資金力に陰りはないようだ。

 ドイツ紙『ビルト』が報じた内容によると、ヴォルフスブルクのマネージャーを務めるクラウス・アロフス氏は今冬の移籍市場で、FW柿谷曜一朗が所属するバーゼルのスイス代表FWブリール・エンボロの獲得を目指しているという。

 ただし、現在18歳と若いエンボロの市場価格はだいたい1600万ユーロ(約21億円)と見られているが、同紙によるとすでにアロフス氏は昨年10月あたりからエンボロの調査を始め、その獲得に熱心だった。そのためバーゼル側は2500~3000万ユーロ(約33~40億円)もの移籍金を要求してくる可能性が高いという。

 しかし、そんな法外な値段にも関わらず、「お金の面についても交渉中だ。獲得に近付いている」とアロフス氏はあまり意に介していない様子。『ビルト』紙はその理由として、ヴォルフスブルクは昨夏、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネを8000万ユーロ(約107億円)でマンチェスター・Cに、そしてクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチを1600万ユーロ(約22億円)で日本代表DF長友佑都の所属するインテルへ売却したため、予算には十分余裕があることを挙げている。

 カメルーンに生まれたエンボロは幼い時に家族とともにスイスへ移住。2011年からバーゼルの下部組織に在籍し、2014年3月にトップチームでリーグ戦デビューを果たした。チームメイトの柿谷は、同選手について「あいつはホンマもんの化け物。18歳であれだけパワーやスピードがあるヤツはそうそういない。バルセロナレアル・マドリードへ行けるくらいの素材やと感じる」と絶賛していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング