2015.11.01

初ハットの武藤、独メディア最高点も結果に不満「僕が4点取れていたら」

武藤嘉紀
ハットトリックを達成した武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツは、10月31日に行われたブンデスリーガ第11節でアウクスブルクと対戦し、3-3で引き分けた。武藤は1トップで10試合連続の先発出場を果たし、終了間際の劇的同点弾を含む3得点を記録。プロ入り後初となるハットトリックを達成した。

 ドイツ紙『ディ・ヴェルト』は、試合を終えた武藤のコメントを掲載。「僕が4点取って勝ち点3を獲得できればもっと良かった。今後も成長を続けたい」とチームの勝利にこだわりを見せ、3ゴールでは満足しない向上心を口にした。

 同選手の活躍に対し、ドイツ紙『ビルト』は両チーム最高点タイの評価点「2」(ドイツメディアの採点は最高1点、最低6点)をつけ、乱打戦を「なんてクレイジーな試合だ!」と振り返った。また、ドイツメディア『Sportal.de』は、武藤に唯一の最高評価「1」を与えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る