2015.11.01

長澤今季初の先発も前半で交代、フル出場大迫は不発…ケルンは4戦未勝利

長澤和輝 大迫勇也
今季初先発を飾った長澤(中央)と、フル出場した大迫(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第11節が10月31日に行われ、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンとホッフェンハイムが対戦した。大迫は右サイドハーフで2試合ぶりの先発出場、長澤は左サイドハーフで今シーズン初出場、初先発を飾った。

 前節、ケルンは首位のバイエルンに4失点の完敗を喫し、リーグ戦2連敗。順位を9位に落としている。今節はホームに17位ホッフェンハイムを迎え、3試合ぶりの白星を目指す。

 試合は開始早々からケルンがチャンスを作る。13分、相手DFのコントロールミスを拾ったフィリップ・ホジナーがビッグチャンスを迎えたが、GKオリヴァー・バウマンが必死の守りで得点を許さなかった。

 さらに15分、アントニー・モデストのパスから抜けだした長澤がエリア内左からシュートを放ったが、ここは枠の上に外してしまった。その後もケルンはホッフェンハイムのゴールに迫ったが、先制点を奪えずに前半終了を迎えた。

 ケルンはハーフタイムに長澤を下げ、左手を痛めているレオナルド・ビッテンコートを投入した。すると後半立ち上がりの48分、ケルンはケヴィン・フォクトが前線でボールを奪取。ゴール前左でフリーのモデストへヒールパスを送り、ビッグチャンスとなったが、モデストのシュートは枠の右上に外れてしまった。

 続く57分、右サイドから上がったクロスをモデストがヘディングで狙ったが、ここはGKバウマンの好セーブに防がれてしまう。76分、大迫が中盤でボールを持つと、ドリブルでゴール前まで持ち込み、左足でミドルシュートを放った。しかし、ここはGKバウマンの正面に飛んでしまい、ゴールを割ることができない。

 結局試合は動かず、0-0のスコアレスドローに終わった。ケルンは4試合未勝利となった。なお、長澤は前半のみの出場。大迫はフル出場している。

 次節、ケルンは敵地でレヴァークーゼンと、ホッフェンハイムはホームで日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦する。

【スコア】
ケルン 0-0 ホッフェンハイム

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る