2015.10.28

ホッフェンハイム、来季から28歳の指揮官に…U-19監督の昇格を発表

来季からホッフェンハイムを率いることになったナーゲルスマン氏 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ホッフェンハイムは27日、同クラブのU-19チームを指揮するユリアン・ナーゲルスマン氏が来シーズンからトップチームの監督に就任すると、クラブ公式サイトで発表した。

 今シーズンここまで1勝3分6敗で17位と低迷するホッフェンハイムは26日、マルクス・ギスドル監督を解任し、フーブ・ステフェンス監督の就任を発表。2016-17シーズンから、ナーゲルスマン氏がステフェンス監督の後を継いでトップチームの監督を務めることになった。

 現在28歳のナーゲルスマン氏は、監督ライセンスを取得するために講義を受けて勉強しているという。20歳の若さで現役を引退し、アウクスブルクのBチームやホッフェンハイムのユースチームで指導経験を積んできた。

 ホッフェンハイムのピーター・ゲルリヒCEOは「今は難しい状況ではあるが、将来のことを決めておくのは大事なことだ」と、来シーズンの監督をこのタイミングで決定した意向を示した。

 また、アレクサンダー・ローゼンSD(スポーツディレクター)は、「彼は28歳と若いが、常に監督候補だった。彼はもう10年近くコーチをしているし、我々の哲学に完璧にフィットしている」と話し、ナーゲルスマン氏を監督に決めた理由を明かした。

 さらに、「フーブ・ステフェンスは“今”であり、ユリアン・ナーゲルスマンは“未来”である。我々は(ステフェンス監督の)クオリティーや経験、冷静さを信頼している」と、ステフェンス氏の手腕を評価した。

 ホッフェンハイムは、ナーゲルスマン氏と来シーズン以降の監督就任で合意し、2019年7月30日までの3年契約を結んでいる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る