2015.10.26

独紙、今季3点目挙げた武藤にチーム最高点も、“お人好し”なプレーを指摘

武藤嘉紀
マインツでプレーするFW武藤嘉紀(写真は24日のブレーメン戦) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第10節が24日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツはブレーメンとホームで対戦し、1-3で敗れた。武藤は1トップで9試合連続の先発出場を果たし、3点を追う後半アディショナルタイムに7試合ぶりとなる今シーズン3点目を挙げた。

 ドイツ地元紙『Allgemeine Zeitung』は、評価点「3」をつけ、「とてもよく走り、いくつかのいい動きを見せると、1-3とするゴールも決めた」と評した。(ドイツ・メディアの採点は最高1点、最低6点)

 また、スポーツ・サイト『Sportal.de』は、完敗したためマインツの選手には厳しい採点を並べる中、武藤には他3選手とともにチーム最高点となる「3.5」をつけた。

 寸評では、「マインツ攻撃陣で最も目立っていたのは、ゴールを決めたからだけではない。早い時間帯にガルベスに押し倒された場面は、審判は笛を吹かなかったがPKをもらえるものだった」と、ゴールだけでなく前線で奮闘する武藤のプレーを評価。

 しかし、「後半にもチャンスが回ってきたが、自らシュートを撃たずにハイロ・サンペリオにパスを出してしまう私欲のない判断でゴールを逃してしまった」と続け、“お人好し”なプレーを選択してしまったことで、ゴールチャンスを失ったシーンを指摘した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る