2015.10.25

清武アシストも実らず…長谷部フル出場のフランクフルトが逆転勝利

清武
先制点を喜ぶハノーファーの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第10節が24日に行われ、日本代表MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹が所属するハノーファーと同MF長谷部誠が所属するフランクフルトが対戦した。酒井宏は右サイドバックで4試合ぶり、長谷部はボランチで2試合ぶりの先発、清武はトップ下で7試合連続のスタメンとなった。

 ハノーファーは第8節のブレーメン戦で初白星を挙げると、前節のケルン戦でも“疑惑の判定”により勝利を収め、連勝を飾った。一方、フランクフルトは前節のボルシアMG戦で1-5の大敗を喫し、連敗となった。

 試合は0-0で迎えた後半立ち上がりにスコアが動く。52分エリア手前でボールを持った清武がエリア内左へスルーパスを出すと、これをフェリックス・クラウスが倒れ込みながら決め、ハノーファーが先制する。

 一方、フランクフルトもすぐに反撃。57分、左サイドのバスティアン・オツィプカがクロスを上げると、ファーサイドのアレクサンダー・マイアーが頭で落とし、マルク・シュテンデラがワントラップからシュート。これがゴールネットを揺らし、フランクフルトが同点に追いついた。

 さらに65分、コンスタン・ジャクパが上げたクロスをシュテファン・アイグナーが落とし、今度はエリア内でパスを受けたシュテンデラが右足でシュート。これが決まり、フランクフルトが勝ち越しに成功した。

 このままフランクフルトが2-1でハノーファーを下した。なお、酒井宏、清武、長谷部はともにフル出場している。

 次節、ハノーファーは敵地で日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと、フランクフルトはホームでバイエルンと対戦する。

【スコア】
ハノーファー 1-2 フランクフルト

【得点者】
1-0 51分 フェリックス・クラウス(ハノーファー)
1-1 57分 マルク・シュテンデラ(フランクフルト)
1-2 65分 マルク・シュテンデラ(フランクフルト)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る