2015.10.07

新指揮官を探すボルシアMG、オーストリア代表現監督と極秘接触か

コラー
2011年からオーストリア代表を率いるコラー監督 [写真]=Bongarts/Getty Image
サッカー総合情報サイト

 現在、新指揮官を探しているボルシアMGが、オーストリア代表監督と極秘に接触した模様だと、スイス紙『ブリック』が6日に伝えている。

 ボルシアMGは今シーズンのブンデスリーガで開幕5連敗を喫し、これまで4年半にわたって指揮を執っていたスイス人監督のリュシアン・ファーヴル氏が9月20日に辞任。U-23チームからアンドレ・シューベルト監督を内部昇格させた後は立て直しに成功し、それ以降のリーグ戦3試合で3連勝を飾っている。

 しかし同紙によると、シューベルト監督はあくまで暫定のようで、クラブは新指揮官との契約を急いでいる模様。その第一候補は、オーストリア代表のマルセル・コラー現監督だという。また、ボルシアMGのマックス・エバール強化部長はすでに先週、チューリッヒで同監督と会談まで行ったと伝えられている。

 ただし、同代表は現在ユーロ2016予選を戦っている最中であり、予選グループG組では2位ロシアに勝ち点8差をつけ、堂々首位に立っている。そのため、オーストリアサッカー協会のレオポルド・ヴィントナー会長は、「外部からの影響により、我々がその(コラーとの契約に関する)テーマを論じることはない」と、コラー監督を手放さない考えを示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る