FOLLOW US

ケルン大迫にチーム最高点と最低点…地元紙の評価は正反対に分かれる

インゴルシュタット戦に出場したケルンFW大迫勇也 [写真]=Bundesliga/DFL via Getty Images

 FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属する7位ケルンは、25日に行われたブンデスリーガ第7節で、勝ち点10で並ぶ8位インゴルシュタットと対戦し、1-1で引き分けた。ケルンの地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』と『EXPRESS』が同試合の採点と寸評を掲載している。

 3試合連続スタメンの大迫は2トップの一角でプレーし、前節に続きフル出場。長澤は4試合ぶりにベンチ入りメンバーに入ったが、出番は回ってこなかった。試合は、ケルンが10分にアントニー・モデストのヘディングで先制したが、21分にCKからマーヴィン・マティプに頭で合わされて追いつかれ、そのままスコアは動かなかった。

 大迫はこの試合でシュート2本を放ったが、開幕戦以来となるゴールは決まらず。まずは2分、フリーからボレーシュートで先制点を狙ったが、タイミングが合わずにDFに阻まれた。1-1の同点で迎えた82分には再び決定機が巡ってきたが、右足で撃ったシュートはGKに当たり、勝ち越し点は導けなかった。

 これを受け、地元紙の評価は正反対のものとなった。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 まず、高い評価となったのが『Koelner Stadt-Anzeiger』紙で、大迫に他4選手とともにチーム最高となる「2.5」を与え、「ケルンが攻める中で、クレバーにボールをつなぐことが多く、並走する味方に対しても大きな信頼を伴っていた」と、巧妙なパス出しとチームメートとの相互理解の高さを評価した。

 一方『EXPRESS』紙は、「闘志あふれる(マルセル・)リッセに、チャンスを死なす大迫」とのタイトルをつけ、大迫にチーム最低タイの「4」を、リッセに最高点「2」をつけた。

「同点に追いつかれた場面では、いとも簡単にマーヴィン・マティプを走らせてしまった。にもかかわらず、2度のビッグチャンスには、決められず」と、ミスを挽回できなかったことを厳しく追及している。

 ケルンは次節、10月4日にDF内田篤人が所属するシャルケとアウェーで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA