2015.09.13

香川、独デビューのヤヌザイにドルト流順応を期待「マンUとは違う」

ハノーファー戦でオーバメヤンのゴールを喜ぶドルトムントの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第4節が12日に行われ、MF香川真司の所属するドルトムントは、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦し、4-2で勝利を収めた。先発出場した香川が、試合後にコメントを残している。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

 終了間際の90分で途中交代となった香川は試合後、「キヨ(清武)が前半うまく先制点を導いて、嫌な雰囲気はありました」と、清武の起点でハノーファーに先制を許した場面を振り返ると、「焦りはなかったですけど、センターラインはフィジカルが強くて球ぎわも激しかった。前半はそう簡単にゴールが生まれないのかなという気配はありました」と明言。

「ただ、その中でも流動的にパスが回ってチャンスになっていたました。すぐにPKで点を取れたことでやっぱりチームに自信と勢いがついたので、時間帯が良かったと思います」とチームのパフォーマンスを振り返ると、前半からの続けていたサイド攻撃については、「チームとしてもやるサッカーは明確だったので、落ち着いてやれていたと思います」とコメント。「攻撃をやり続けたから得点が生まれたと思うので、厳しい代表明けの試合を勝てたことが一番良かったと思います」と開幕4連勝を喜んだ。

 また、同試合で香川の古巣マンチェスター・Uからレンタル移籍で加入したベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイがブンデスリーガデビューを飾った。

 再びチームメイトとなったヤヌザイについて香川は、「チームに合ってるのかなと思う。ユナイテッド(マンチェスター・U)ではトップ下でやってましたけど、ウイングでこういう時間帯に出てきたら、ボールキープ力もありますし」と、チームに順応できると語った。さらに、「あとは判断を高めて。こういうチームだからこそ、判断をしっかりとやらないと」と先輩としてアドバイスを送ると、「ユナイテッドとは違いますから、(ボールを)持ちすぎたら持ちすぎたで、やっぱりそこはチームでコミュニケーションを取って、しっかりと判断できればより生きてくるプレーヤーだと思います」と期待を寄せた。

 ドルトムントは、17日にヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でクラスノダールをホームに迎え、20日にリーグ第5節のレヴァークーゼン戦に臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング