2015.09.07

好調ドルト負傷者続出…ロイスに続きオーバメヤンとピシュチェクも

左からDFピシュチェク、FWオーバメヤン、MFロイス [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクとガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが故障のためそれぞれの代表チームから離脱したことを発表した。6日、同クラブの公式サイトが伝えている。

 ピシュチェクは、4日に行われたユーロ2016予選のドイツ戦で負傷により途中交代。当初はそけい部に軽傷を負ったと報じられていたが、詳細はチームドクターによる精密検査の診断を待つことになる。

 一方のオーバメヤンは、5日に行われたアフリカ・ネーションズカップ予選のスーダン戦で足首に軽い打撲を負った。この試合でチームの4点目を決めた同選手は「それほど酷いけがではない」と自身の公式ツイッターでコメントしている。

 また、2日に左足親指の亀裂骨折でドイツ代表を離脱したMFマルコ・ロイスは「何日か休めば、ドルトムントの試合でプレーできるようになると確信している」と早期復帰を強調した。

 開幕からリーグ戦3連勝中と好調なドルトムントは9日にザンクトパウリとテストマッチを行い、12日にはアウェーで日本代表MF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る