FOLLOW US

2ゴールの武藤にマインツ地元紙も最高評価「相手DFの気を狂わせた」

ブンデス初ゴールを挙げた武藤(中央)[写真]=Bongarts/Getty Images

 29日に行われたブンデスリーガ第3節で、移籍後初ゴールを含む2ゴールを挙げたマインツ所属の日本代表FW武藤嘉紀に、地元紙『Allgemeine Zeitung』が最高評価「1」(最高点1、最低点6)を与えた。

 日本代表DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーに3-0で快勝したマインツ。ホーム初白星に導いた武藤のパフォーマンスを、同紙は「マン・オブ・ザ・マッチ。相手ディフェンダーの気を狂わせた。15分と29分のゴールがそれをあらわしている」と総括した。

 3点目を挙げたFWユヌス・マッリも「1」を与えられたが、“マン・オブ・ザ・マッチ”に認定された武藤の方がわずかに評価が上と言えそうだ。

 ドイツ紙『ビルト』のように、快勝すれば「1」を大盤振る舞い、大敗すれば容赦なく「6」を並べて、極端な振れ幅で読者を分かりやすく楽しませてくれる大衆紙とは趣の異なる『Allgemeine Zeitung』での最高評価。ドルトムントに加入したての頃の日本代表MF香川真司がそうだったように、デビュー早々の高い評価は強いインパクトとして残る。武藤にとっては上々の新天地スタートと言えそうだ。

 一方、武藤に“気を狂わせられた”ハノーファーの守備陣は、当然の低評価となった。

 ドイツメディア『Sportal.de』はセンターバックの2人に「5」の厳しい採点をつけ、キャプテンのクリスティアン・シュルツには「コンビを組むマルセロとともに、一度として相手の1トップである武藤を抑えられなかった」とした。

 右サイドバックでフル出場の酒井は「4」と、両センターバックよりはましな採点となったが、「マッチアップ相手のハイロに苦戦し、抜きんでたスペイン人選手相手に全くストップをかけられなかった。そのパフォーマンスを象徴していたのが53分にクロスのクリアミスで足を滑らせたシーンで、ボールはゴール後ろへと転がっていった」と辛口の寸評を受けている。

 代表戦後に行われる次節(9月11~13日)、マインツはアウェーでDF内田篤人が所属するシャルケと対戦する。清武の復帰が予想されるハノーファーは、香川擁する首位ドルトムントをホームに迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO