2015.08.25

マインツ指揮官、初先発の武藤を評価「まるでシンジのようだった」

武藤嘉紀
ボルシアMG戦に先発出場したFW武藤嘉紀 [写真]=Getty Images

 マインツを率いるマーティン・シュミット監督が、ブンデスリーガ第2節のボルシアMG戦で初めて先発出場した日本代表FW武藤嘉紀を、昨シーズンまで所属した日本代表FW岡崎慎司に例えて評価した。25日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

 同紙によると、武藤の同試合での走行距離は12.4キロメートル。マインツは全選手の総走行距離でボルシアMGよりも7キロメートル上回り、勝利の要因になったと伝えている。これに対してシュミット監督は、「彼はまるで(岡崎)シンジのようだったね」と今夏レスターに移籍した岡崎に例えた。

 また、武藤は「僕は上手くプレーできたと思います。僕たちはよく動いたし、勝つことができた。これが最も重要なことで、とても嬉しいです」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る