2015.08.23

バイエルンSDがゲッツェと個人面談実施「サッカーに専念させる」

ゲッツェ
バイエルンに所属するゲッツェ [写真]=Getty Images for FC Bayern

 バイエルンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマティアス・ザマー氏が、同クラブに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの周囲に対し、騒ぎすぎないよう理解を求めた。

 ドイツ誌『ビルト』が報じた内容によるとザマーSDは、「我々は全員、同じ考えを持っている。つまり、マリオをサッカーに専念させるということだ。彼は我々の信頼を得ている。彼のことをずっと話し続けるのは良くないことだよ」と話し、ゲッツェを雑音から遠ざける意向を持っているとした。

 しかし同誌は「バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督は『ゲッツェ・ファン』ではない。もしゲッツェが出ていきたいのであれば、そして4000万ユーロ(約55億円)さえ払ってもらえれば、バイエルンは同選手の移籍を容認する」という見方もしている。

 それでもザマーSDは実際行動に移しており、先述のコメントを発表した後にゲッツェ本人とクラブハウスのバルコニーで1対1の面談を実施。45分間にわたった話し合いの最中、同選手はリラックスした様子で笑顔も見られたという。

 グアルディオラ監督の下での過去2シーズンはあまり出場機会が得られなかったことから、ゲッツェには国内外からオファーが多く届いているとされ、ドイツメディアは移籍の噂を頻繁に伝えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る