2015.08.17

地元メディア、開幕戦ゴールのケルンFW大迫に及第点「起用に応えた」

大迫勇也
開幕戦ゴールを決めた大迫(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ開幕節が16日に行われ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンはシュトゥットガルトと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 この試合に途中出場した大迫が今シーズン初ゴールを決め、ストライカーとしてアピール。1点リードで迎えた後半アディショナルタイム、今夏にホッフェンハイムから加入したFWアントニー・モデストが自陣でボールを奪うと、一気にドリブルでペナルティエリア内まで侵入する。相手GKを引きつけたところで、並走していた大迫に横パス。これを大迫がきっちりと決め、試合を決定付けた。

 ドイツの各地元メディアが同試合の採点と寸評を発表。開幕戦ゴールを決めた大迫だったが、「そのゴールの大部分はモデステによるものだった」と採点は伸びなかった。

 各地元メディアの採点(最高点1、最低点6)と寸評は以下のとおり。

『Koelner Stadt-Anzeigr』
採点:2.5
寸評:ミロシュ・ヨイッチに代わりピッチに送られると、チーム3点目を決めて起用に応えた。

『EXPRESS』
採点:3
寸評:大迫とともにケルンが勝利の道へと進んだ。昨シーズン同様、シュトゥットガルト戦でゴールを決めた。

『Sportal.de』
採点:3
寸評:後半開始10分にヨイッチと交代で出場すると、ヨイッチよりもいい働きをした。チームの負担を減らすことも心得ていたようで、守備のサポートもこなした。終了間際にチーム3点目を決めたが、そのゴールの大部分はモデステによるものだった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る