2015.08.09

大迫、アシスト記録も評価伸びず…独紙「目立った動きがなかった」

大迫勇也
ケルンで2シーズン目を迎える大迫 [写真]=VI Images via Getty Images

 日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンは8日、DFBポカール1回戦でSVメッペン(4部)と対戦し、新加入FWアントニー・モデストのハットトリックなどで4-0と快勝した。

 ドイツの地元メディアが、同試合の採点と寸評を発表。先発出場し、チーム3点目をアシストした大迫に対して、『EXPRESS』は「3」(最高点1、最低点6)を付けた。

「ペーター・シュテーガー監督は、ヤニック・ゲルハルトとケヴィン・フォクトより大迫をチョイス。試合に絡むことは多かったが、目立った動きはなし」とやや厳しい評価を下している。

『Koelner Stadt Anzeiger』も「3.5」と評価は伸びず、「4-1-4-1の2列目がぴったりはまっている、というようには見えなかった。前線への明確な動きは少なく、味方とのコンビネーションもチャンスにはつながらず。 精彩を欠くパフォーマンスだったが、3点目のアシストで何とか見栄えをつけた」と記している。

 なお、長澤はベンチ外だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る