2015.08.08

ノイアーがバイエルンの副キャプテンに就任…主将は変わらずラーム

ノイアー
アウディ杯レアル戦に出場したGKノイアー [写真]=VI-Images via Getty Images

 ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが2015-16シーズンにおけるバイエルンの副キャプテンに決まった。7日にクラブ公式サイトが伝えている。

 バイエルンのキャップテンは、元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが務めているが、昨シーズンまで副キャプテンを務めていたドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、今夏にマンチェスター・Uへ移籍。そのため後任として、ノイアーの副キャプテン就任が決っている。

 7日、チームのキャプテンについて問われた同クラブのスポーツディレクターを務めるマティアス・ザマー氏が、「フィリップ・ラームがキャプテンだ。マヌエル・ノイアーが副キャプテンで、トーマス・ミュラーが3番手だ。我々にはリーダーが3選手いる」と明言した。

 現在29歳のノイアーは、シャルケの下部組織出身で2006年にデビュー。2011年にバイエルンに移籍し、昨シーズンは公式戦50試合に出場している。また、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとともに2014年度のFIFAバロンドール最終候補3名に選出されていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る