2015.07.31

マインツ地元紙、1トップ&サイドをこなす武藤に先発当確の合格点

武藤嘉紀
ラツィオ戦に出場した武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images

 29日にマインツのかつてのホームスタジアム、“ブルフヴェーク・シュタディオン”にて行われたラツィオとのプレシーズンマッチで、先制点のアシストを決めた日本代表MF武藤嘉紀。マインツの地元紙『Allgemeine Zeitung』は「武藤、なかなかのホームデビューを飾る」とのタイトルで、ホームタウン初見参となったパフォーマンスに高評価を与えている。

 左サイドをスピードあるドリブルで突破し、MFユヌス・マッリの先制ゴールをアシストしたシーンについて、「1万2769人が詰めかけた一戦で、武藤にとって最大の見せ場だった」と伝えた。

 同紙は、武藤が欧州サッカーのスピードと当たりの強さに慣れる必要があるとしながらも、同選手の「勝利に貢献できたことはうれしい。コンディションも上がってきている」という、手応えを感じさせる言葉を紹介している。

 初めてのホームゲームを「とても雰囲気が良かった」と振り返った武藤は、FWフロリアン・ニーダーレヒナーの負傷により1トップで先発。その位置でのパフォーマンスについて同紙は「走る方向が味方と合わず、ハイロ(・サンペリオ)のスルーパスが届かないこともあった」と指摘。だが、武藤がドイツに来てまだ日が浅く、言葉の壁があることを踏まえたうえで豊富な運動量、積極性、初動の良さを挙げ、「1トップでの成果は十分」と高評価を与えた。

 チームメートからの評価も上々のようで、MFユリアン・バウムガルトリンガーは「ヨッシはチームにぴったりだよ。彼のクオリティーが分かったはず」と、武藤とマインツのサッカーの相性に早くも太鼓判を押している。

 ロジャー・シュミット監督は「攻撃のバリエーションが増えてきた。全てのポジションが2人体制になっているからね。サイドの顔ぶれも大きく変わるだろう」と、武藤の1トップ器用も示唆。武藤自身も「サイドハーフとして(マインツに)来たが、どのポジションでもチームを助けられるように頑張りたい」と意気込んでいる。

「初ゴールを決めたかった」と話すようにゴールデビューはお預けとなった。しかし同紙はポジションに関係なく初ゴールは「時間の問題」との見方を示し、今シーズン最初の公式戦となる8月9日のDFBポカール、コットブス(3部)戦では先発に名を連ねるだろうと、先発デビューに当確ランプを与えた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る