2015.07.29

復活誓う宮市亮、長期離脱にも前向きな姿勢「強くなって帰ってくる」

宮市亮
復活を誓う宮市(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 前十字じん帯の手術を受けたザンクトパウリのFW宮市亮が、現在の心境を明かした。ドイツ誌『キッカー』が29日、地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』に語ったコメントを伝えている。

 今夏にアーセナルを退団し、心機一転の再スタートを切った宮市だったが、18日に行われた親善試合ラージョ・バジェカーノ戦で負傷。手術を受け、離脱期間は約7〜9カ月と見られている。

 宮市は「恐らくけがをしたのは、僕がヘディングに行ったとき。最初は痛みもなかったんで、大したことはないと思っていたんですけど」と負傷の場面を振り返る。

 しかし、診断の結果は左ひざ前十字じん帯の断裂。無事に手術を終え、今後は回復に向けてリハビリに取り組む。長期離脱を強いられるかたちとなったが、「僕は強くなって帰ってきます。けがが多いことについては考えていますし、もっとたくましくなりたいですね」と前を向いた。「3月にはまたピッチに立てるよう、そしてファンに新しい僕を見てもらえるように、もっと強くなって戻ってきます」と力強く語っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング