FOLLOW US

バイエルンサポがシュヴァインシュタイガー放出に激怒…首脳陣に抗議

新天地にマンUを選択したシュヴァインシュタイガー(右)[写真]=Man Utd via Getty Images

 ドイツ代表主将でバイエルンの副キャプテンも務めていたMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーをマンチェスター・Uに放出したことで、クラブ首脳陣がファンからの批判にさらされている。

 ドイツ誌『スポーツビルト』が報じた内容によると、シュヴァインシュタイガーをバイエルンの“魂”であり“顔”だと考えていた同クラブのサポーターたちは、今回の同選手電撃移籍について、シュヴァインシュタイガーではなくそれを容認したジョゼップ・グアルディオラ監督や経営陣に激怒しており、11日に本拠地アリアンツ・アレーナでファンイベントが行われ、カール・ハインツ・ルンメニゲ社長がこれに言及した際には、スタジアムに集まったファンから一斉にブーイングが鳴らされたという。

 また11日から12日にかけての夜にも、同クラブが事務所を構えるゼーベナー通りにファンが集結。「ペップとその奴隷KHR(カール・ハインツ・ルンメニゲ社長の略)よ、お前たちはクラブのアイデンティティを破壊している」というプラカードが掲げられ、抗議活動が行われた。

 同クラブの元強化部長クリスティアン・ネルリンガー氏も、原因の大部分は指揮官や首脳陣にあると見ているようで、同氏はTV局『Sat.1』の番組に出演した際に、「もしグアルディオラが100パーセント、シュヴァインシュタイガーの後ろに立っていたのなら、この移籍は実現しなかっただろう」と話している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO