2015.07.06

酒井高が移籍合意のHSV、株主が補強のためファンに寄付金を募る

ハンブルガーSV
ハンブルガーSVのサポーター [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF酒井高徳が移籍合意に至ったハンブルガーSV(HSV)の株主の1人が、ファンに寄付金をお願いするという仰天発言をした。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 同紙によると、今年1月に1875万ユーロ(約25億6000万円)を支払い、HSVの株の7.5パーセントを購入したクラウス・ミヒャエル・キューネ氏は3日、北ドイツ放送局のラジオ番組内で「数名の新戦力獲得は必要不可欠だが、このクラブにはお金がない。もちろん私も資金を捻出する用意はできているが、これまでにも資金を払ってきた」と話し、「ハンブルク市民に『ちょっとの額でも大歓迎だ』ということをアピールしたい。でも誰も財布を出してくれないんだ。クラブも、ファンや会員にもっとお金を寄付してくれるよう働きかけなければならない」とコメントしたという。

 しかし、キューネ氏は複数の会社を経営し、自ら財団を立ち上げるほどの大物実業家。そのため『ビルト』紙のオンライン記事には「ファンはマフラーやユニフォームや観戦チケットを購入している。そのうえ寄付だなんて求め過ぎだ」、「投資家なんだから自分で出せ」という冷ややかなコメントが寄せられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る