2015.06.13

離脱中のバイエルンMFリベリーが右足首を固定…7月の復帰遠のくか

リベリー
負傷離脱中のリベリー [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンに所属する元フランス代表MFフランク・リベリーの離脱が、予定よりも長引くことになってしまったようだ。

 今週行われたドイツ紙『ビルト』とのインタビューでリベリーは「7月1日の練習開始には100%の状態でいなければならない。でもそうなるかどうか、まだ分からない。できることは全てやっていくけどね」と話していた。

しかし、12日にバイエルンがクラブ公式HP上で発表した内容によると、「これまでやってきた治療では、期待した結果が得られなかったため、今後は右足首を固定する」とのことで、回復具合がおもわしくないことを明らかにしている。ただし、シーネ固定なのか、それともギプスで完全に固めてしまうのかなどの詳細は公表されていない。

 この件についてマティアス・ザマーSDは「フランクが早くピッチに戻ってこられるよう、全力で彼をサポートしていく」と話している。

 同選手は3月11日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦シャフタール戦に先発したが、59分に足首を痛め交代。その後、今シーズンの全公式戦を欠場することになった。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る