FOLLOW US

独誌がシャルケを総括、内田について「監督以外は“ウッシー”を愛している」

シャルケに所属するDF内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ルール地域の地元誌『レヴィーア・シュポルト』は5日、DF内田篤人が所属するシャルケの今シーズンを総括し、試合に出場した選手の平均採点と寸評を掲載している。

 それによると、最も採点が高かったのは控えGKファビアン・ギーファーで、平均2.6点。(※1が最高、6が最低)

 しかし同選手については「ラルフ・フェールマンの代理役としての評価を下すには、あまりにも出場時間が少なすぎる」と、2試合にしか出場できなかったことに対して、厳しい評価を下した。

 次点はそのGKフェールマンで平均2.8点を獲得し、「以前と同じように、彼がシャルケで最も採点の高い選手。今やブンデスリーガでもベストなGKの1人に数えられるようになった」とトップ評価を得ている。

 また、合計19試合で採点を受けた内田は、ドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスと同じく平均3.4点。「ロベルト・ディ・マッテオを除く全ての人間が“ウッシー”を愛している――今シーズンを短くまとめるのならば、そういう印象だ。チームのために働くこの日本人がボールを失うことはほとんどなかったが、試合を決定付ける選手でもなかった。彼にはまだ少し強靭さが欠けている」と記されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA