2015.06.04

今シーズン、欧州5大リーグで最も「決定率」が高かった選手は?

ドスト
ヴォルフスブルクのエースとして活躍するドスト [写真]=Getty Images

 2014-15シーズンの欧州主要リーグが閉幕し、欧州サッカーは6日に行われるチャンピオンズリーグの決勝を残すのみとなった。そんな中、スポーツデータ供給会社『Opta』では5大リーグにおける今シーズンの決定率についてのデータを公開した。

■欧州5大リーグにおける決定率ランキング
1位 バス・ドスト(ヴォルフスブルク/ドイツ) 41%(16点)
2位 ミロスラフ・クローゼ(ラツィオ/イタリア) 40.6%(13点)
3位 アレクサンドル・ラカゼット(リヨン/フランス) 34.6%(27点)
4位 ジエゴ・コスタ(チェルシー/イングランド) 34.5%(20点)
5位 カルロス・バッカ(セビージャ/スペイン) 33.9%(20点)
6位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン) 32.8%(22点)
7位 ジェレミ・メネズ(ミラン/イタリア) 32%(16点)
8位 クリスティアン・ストゥアーニ(エスパニョール/スペイン) 30.8%(12点)
9位 パピス・シセ(ニューカッスル/イングランド) 30.6%(11点)
10位 リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)29.3%(43点)

 これは2014-15シーズンに、5大リーグで10得点以上を記録した選手の「shot conversion(日本でいうところの決定率)」をランキングにしたもの。決定率トップだったのはヴォルフスブルクのバス・ドスト。今シーズン、リーグ戦で48ゴールを記録したレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドは以外にもランク外となった。

 チーム力や相手チームとの力関係、その選手のスタイル(シュートを積極的に打つタイプか否か)といったこともあり、一概に比較はできないかもしれないが、なかなか興味深いデータといえる。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る